チャンピックスの禁煙対策ラボ | ニコチンを含まない禁煙補助薬

チャンピックスは従来の治療薬とは異なり、禁煙成功率が高く処方だけでなく通販サイトでも購入出来ます。

喫煙とマナー

喫煙とマナー タバコ税の値上がりと同時に健康への意識も高まり、禁煙を始める方が増えています。
また現在では公共施設、飲食店など分煙化する場所もあれば完全禁煙のところも多くなってきています。
タバコを吸う方にとってはどんどん肩身の狭い世の中になりつつあり、より一層喫煙に対するマナーも厳しくなっています。
この喫煙マナーとういのは一体なんなのでしょうか。時代の変化によってこのマナーは大きく変わってきたように思います。その時代のマナーに合わせ喫煙者はそのマナーをしっかり守らなければいけません。しかしその喫煙者によってもさまざまで、マナーなんて関係ないとマナーのマの字もない喫煙者がいるのも事実です。
煙草を吸わない人にとっては喫煙者が本当に邪魔者に見えることもあるでしょうし、また逆に喫煙者にとってこのマナーがものすごく邪魔なルールに思うでしょう。
このマナーというのは守ることと言うよりかは、吸う者吸わない者が共存しあうために、またより過ごしやすくするために作られた境界線のように思います。

では世間一般的なこのマナーとはなんでしょうか。

・歩きたばこをしない
・喫煙所以外でタバコを吸わない
・喫煙所以外でタバコを吸う前に一声断りを入れる
・タバコの時間を短時間で済ませる
・タバコの匂いを消臭する

もちろんこれ以外にもマナーはたくさんあると思います。
たとえば、それはその人が妊婦であったり、子供連れの親であったり、またその時その時の場所・状況によってもこのマナーは変わってくることでしょう。
マナーと言いますが大事なのは、結局相手を気遣う気持ちなんだと思います。
もし自分がタバコを吸っていなかったら、もし自分が妊婦だったら、もし自分が子供を連れていたら、もし自分が美味しいご飯を目の前に食事中だったら、喫煙者にとってなんとも居場所の少ない時代の風潮ですが、この世にはタバコを吸っていない者がいます、タバコの煙が嫌いな人がいます、匂いが嫌いな人がいます、決してタバコが好きな人だけではないことを改めて考え、この当たり前のマナーと悟りのマナーをしっかり守りたいものです。

禁煙補助薬のチャンピックス

禁煙補助薬のチャンピックス チャンピックスは、ニコチンを含んでいない禁煙治療薬のことです。

今までは、ニコチンをコントロールして段々と減らしていくことで、タバコから離れつつ依存からも抜け出していくという禁煙方法でした。
しかし、ニコチンを含んでいるために、結局は依存から抜け出せないという方も多いです。
ではチャンピックスがどのように禁煙に結びつくかというと、ニコチンを使わずにバレニクリンという主成分によって禁断症状を和らげます。
具体的には、バレニクリンがニコチン受容体と結合し、少量のドーパミンを分泌させることで焦燥や不安感などの離脱症状を緩和し、同時にニコチンの結合を防ぐのです。
それによって、タバコを吸いたいという気持ちが抑えられますし、タバコを吸っても満足感が得られなくなります。
こういった科学的なメカニズムによって、タバコを吸いたいという欲求を抑えてくれるので、禁煙治療の成功率も40%以上という結果を出しています。

ただし、他の薬と同じように副作用は存在します。
程度に個人差はあるものの、頭痛や便秘、吐き気などの症状が現れることがあり、場合によっては頭痛薬や便秘薬などと併用する必要があるでしょう。
また常用している薬がある方や、病気や妊娠をしている方などは、服用の前に医師と相談することをお勧めします。
チャンピックスの効能や副作用をしっかりと理解すれば、禁煙への希望も持つことができ、副作用が出たときの心構えもできます。
それは禁煙成功にも繋がることでしょう。

通販サイトの利便性

通販サイトの利便性 タバコが体に悪いのはわかっている。
タバコを辞めれば少しでもお金が余ることもわかっている。
タバコを辞めれば生活習慣も改善できるかもしれない。
タバコを辞めれば新しいなにかを見つけれそうな気がする。

これだけ辞めることへのメリットを分かっているのに辞めれない、それが『タバコ』である。自分の意志でタバコをはじめ、自分の意志でタバコを辞めなくてはいけません。
はじめる意思はなくても終える意思は相当なものだと思います。
自分自身の意志だけでは禁煙不可能なそんな方にオススメなモノとして、チャンピックスです。
しかしこのチャンピックスはコンビニやドラッグストアで簡単に買えるわけではなく、必ず医師の処方箋が必要となっています。
ではいざ病院で受診といっても、たとえば12週間の治療期間だとすれば通常は5回ぐらいの診察を受ける必要があります。
毎日仕事をしているものにとってその期間で5回も病院に行く暇などありません。

そこで上記であげたチャンピックスは、仕事で忙しく病院に行けない方だけでなく、老若男女だれでも簡単にネットで購入することができます。
いくら個人輸入が許されているとしても購入がなんか恐いと思っている方も少なくないと思いますが、考えてみると病院へ行くために仕事を休まなくてはいけない。病院に行くまでに電車とバスに乗らなくては行けない。そう考えると時間とお金が余計にかかる分、ネットで購入すればボタンを押す数分の時間と、たかが1000円ほどの送料で済みます。
もちろんネットで信頼できる販売サイトを調べる必要がありますが、病院によっては禁煙に対する薬が保険不適用なところもあるので、その時間やリスクを考えると、サイトを探しネットで購入リスクは大変低いと思います。
ちなみに、1日に20本のタバコを吸っている喫煙者がチャンピックスを使用した場合、

450円×30日=13,500円が1か月にかかる金額。それが×12ヶ月で162,000円になります。
チャンピックスを使用すれば⇒500円×30日=15,000円×3ヶ月=45,000円。約70%以上が節約されることになります。

実際に私は海外医薬品の個人輸入代行サイトを利用してチャンピックスを購入しました。
私が利用したサイトは【お薬なび】と言うサイトです。知人からの紹介だったのでそれほど抵抗なく購入出来ました。普通とは違う通販サイトかなと思いきや、普段服などを買う際に利用するネットショッピングと全く変わりなく簡単に買うことが出来ましたよ。
サポート対応もよく商品が届くまでも何のトラブルもなくスムーズだったので私は今リピーターになりつつあります。
気になる人は↓をクリックしてみてください。