チャンピックスの禁煙対策ラボ | ニコチンを含まない禁煙補助薬

百害あって一利なしとと言う言葉の通り、タバコを吸うことで体へ及ぼす悪影響は多々あります。

タバコと病気

タバコと病気 この場所ではタバコを喫煙することによってどんな病気になるのかを書いていきたいと思います。

タバコを吸っている人、また吸っていない人でも、タバコを吸うことによって関わってくる病気として最もよく知られているのは肺がんという病気です。
そのことは一度は皆さん聞きたことがあると思いますし、悪い意味で聞き馴染みがあると思います。
それは、タバコの煙が触れる口腔や咽頭、喉頭も、喫煙することにより、がんが生じやすくなると言われています。
そしてその煙は、上記であげた口腔や咽頭だけでなく、煙が直接触れない場所、肝臓や胃などにも影響を与え、それらにもがんになる可能性が高くなります。
また最近では女性の喫煙者も昔と比べ、たいへん多くなっています。女性は妊娠中にタバコを吸うと流産の危険性がとても高くなります。たいていの女性は妊娠がわかると禁煙をしますが、授乳が終わるとまた大抵の女性が喫煙を始めてしまいます。
いくら授乳が終わったとしてもタバコの煙が子どもに与える影響は大きく、小児喘息の発症の原因になったり、喘息発作が起こりやすくなります。
タバコの害と考えると、大抵の人は肺がんを連想すると思います。
また、ガンは遺伝だとか、たばこを吸っていても吸っていなくてもガンになる奴はなる!なんて言っている人、思っている人もいると思いますが、世界保健機関(WHO)の調べによると、タバコが原因で死亡している人数が世界中で年間約290万人~300万人という調べがあがっています。そして喫煙期間が長ければ長いほど死亡確率も高くなり、約25年後には年間約900万人ぐらいになるのではないかと予想されています。

また、日本でも喫煙者による死亡数が増加しており、最近の調べによると、2015年は約10万人がタバコが原因で死亡しています。
そのうちの約8万人が男性で、約2万人が女性です。この数字は20年ほど前からの数字より約2倍多くなっており、この傾向は更に続いてくのではないかと予想されています。

タバコと美容

タバコと美容 女性が喫煙した場合、赤ちゃん、子供に与える悪影響も多いです。
やはり赤ちゃん、子供と接する時間が男性と比べて多い女性は、喫煙することはより自分だけのことだけじゃなくなってきます。
しかし、女性はその子供への影響だけでは決してありません。普段心がけている美容に関しても深くつながっていることを多くの女性は知りません。

もしあなたが喫煙者で、なにかしらの肌の問題で悩んでいるのなら、タレントや芸能人普段から愛用している高いスキンケア用品を買う必要はもうありません。
本当に美しい肌を手に入れたいのなら、今すぐ禁煙することです。これがなによりのスキンケアになります。
なぜなら、タバコの主成分であるニコチンは、血管を収縮させる働きがあり、そのため血行がわるくなります。
血流が悪ければ皮膚の温度が下がりますし、新陳代謝もわるくなります。そして真皮の働きがおとろえます。肌にとって最悪の悪循環です。
その悪循環が、やがてシワになり、たるみになり、くすみなどのさまざまな肌のトラブルを引き起こしていきます。
いくらこのサプリメントが芸能人ご用達でも、いくらハリウッド女優がオススメしている化粧品だからといっても、あなたがタバコを辞めない限り、その効果は現れないどころか、よりシワ・シミ・たるみを生み出すことになります。

またタバコを吸っている女性とタバコを吸っていない女性とでは老化スピードが5年も早いと言われており、喫煙者の顔に起きる特徴的変化を表した言葉、『スモーカーズフェイス』。
タバコは百害あって一利なしと言っても吸った時の快感が一利というのはもう辞めましょう。禁煙はきっとあなた本来の肌をとりもどしてくれるはずです。

タバコと毛髪

タバコと毛髪 さてここまではタバコが身体に与える悪影響として、肺がんになるリスクが高いことと、特に女性が日々心がけている美容に関しても深く関係していると述べました。
またそこでも述べたように、日本でのタバコが原因で死亡している人数が年々多くなっています。
その比率としてやはり女性よりも男性の方が喫煙率は高く、上記であげた女性にとっての美容が肌なのであれば、男性にとっての美容はなんでしょうか。

今では女性用だけでなく男性用サロンも街で多く見かけるようになってきましたし、美容に関してのサプリメントも多く販売されています。
男性が美容で一番気にかけていることとして挙げられるのは、やはり毛髪のことだと思います。
この毛髪に関してもタバコが深くかかわっています。
もうつくづくタバコは百害あって一利なしなんだと思うようになってきました。

では何故タバコが毛髪に関係しているのかと言いますと、まず、タバコを1本吸うたびに、多くのビタミンを消費することになります。
具体的に言えば、タバコ1本で約25mgのビタミンCを消費します。1箱になおすと約500mgも消費してしまいます。
しかも、それはビタミンCだけにとどまらず、ビタミンB群とビタミンEまで消費されると言われています。

ビタミンCというのは髪を育成するのに大事な栄養素ですが、上記であげたビタミンB群やビタミンEも健康な髪を育成するのに特に大事な栄養素となっています。
髪の薄い人や毛髪の健康を気にかけている人が、雑誌やテレビなどで、サプリメントや薬などでいくらビタミンを補給していても、またいくら食事や飲料などでビタミンを摂取したとしていても、1本のタバコを吸うことで、結果はプラスマイナスゼロという結果になってしまいます。
だからと言って消費する倍のビタミンを取れば問題ないでしょ?と言う前に、今すぐタバコを絶つことが一番のビタミン摂取に繋がると思います。