チャンピックスの禁煙対策ラボ | ニコチンを含まない禁煙補助薬

タバコをやめる為の治療薬の種類やチャンピックスと比較し、紹介しています。

禁煙補助薬

禁煙補助薬 従来の禁煙の方法は、多少の無理をしてでも自分の強い意思で禁煙生活を続けたり、ニコチン置換法とされるニコチンを含んだニコチンパッチなどの禁煙補助の薬を使用することで禁煙を始める人がほとんどでした。
無理を重ねることでストレスなど心理的に負担となってしまい喫煙習慣に戻ってしまうことやタバコを止めたもののニコチンから身体が離脱できず再びタバコを吸ってしまう方などもおり、成功する可能性が高い方とは言えませんでした。
タバコ税の値上がりや路上での喫煙や飲食店などでも禁煙にするところが増えたことにより禁煙に対して関心が高まり、それに伴い医療機関でも禁煙を積極的に勧めたり、ニコチンを含んでいない禁煙補助の薬であるチャンピックスが登場したことにより禁煙ブームは加速しました。

ニコチンを含まないチャンピックスとは、無理することなく禁煙をはじめられる治療薬であり含まれている成分はバレニクリン酒石酸塩というものになり、脳内のニコチン受容体に作用することによって刺激作用と拮抗作用の2つの作用があり、タバコを吸った時に分泌されると言われるドーパミンをニコチンに比べて少量分泌させることができ、また無理することなく負担が少ないかたちで喫煙者が禁煙生活を続けられるようになっています。

刺激作用は、脳がニコチンと結びついてしまうことを阻害するとともに軽くニコチン受容体を刺激することによってドーパミンを分泌させることができるので喫煙に対しての欲求を低下させたり、禁煙するにあたって大きな壁となる離脱症状を緩和させることができます。
また、拮抗作用とはニコチンと拮抗することにより作用を弱める効果があり、ニコチンが脳内に入ってもドーパミンが分泌されるのを抑制することができるので、今まで得られていた喫煙によっての満足感やスッキリとした気持ちになることができなくなります。
また徐々に服用量を増やしていくため、最初の7日間は無理に吸う本数を減らす必要もなく薬が効いてくると自然と止められるようになるので無理なくはじめることができます。
ニコチンパッチなどとは異なり、非ニコチン製剤になるのでしっかり禁煙したい方には有効な治療方法となります。

チャンピックスとその他禁煙治療薬の比較

チャンピックスとその他禁煙治療薬の比較 喫煙者の方が禁煙を試みても、よっぽどの意思がない限り成功するのは難しいです。
そこで、禁煙治療薬としてこれまで多くの方に使われてきたのが、ニコチンガムやニコチンパッチです。
ガムやパッチ自体に少量のニコチンを含ませ、口や皮膚から吸収することで、タバコから吸収するニコチンの代わりとしてドーパミンを発生させていました。
しかし、少なからずニコチンが入っているのは事実ですから、結局禁煙できなかったという方が多くおられます。

そこで、今や効果的な禁煙方法として、禁煙治療薬のチャンピックスが多く普及しています。
チャンピックスは、ニコチンガムやニコチンパッチとは異なり、ニコチンを一切含んでいません。
ニコチンの代わりに、主成分であるバレニクリンがいち早くニコチン受容体に結合することで、ドーパミンを発します。
こうしてニコチン切れの症状を和らげることで、禁煙へと繋げることができるのです。
そして何よりもメリットと言えることが、ニコチンよりも長時間ニコチン受容体に結合するために、1日2回飲んでいればニコチンを受容体に結合できない状態を保つことができるのです。
これでタバコを吸っても、満足感を得られないようになり、体がタバコを求めなくなります。
チャンピックス服用による禁煙成功率は6割と言われています。
ですので、用法や用量をきちんと守り、自己判断をせず医師の指示に従って12週間服用し続ければ、あなたも喫煙生活に幕を下ろすことが出来るでしょう。