チャンピックスの禁煙対策ラボ | ニコチンを含まない禁煙補助薬

主成分のバレニクリンはニコチンの代わりとなり、タバコへの依存性を軽減してくれます。

チャンピックスのメカニズム

チャンピックスのメカニズム タバコが嫌いになる薬といわれるチャンピックスですが、そのメカニズムは一体どういうものなのでしょうか。

まず、タバコが止められなくなる理由は、タバコに含まれるニコチンが脳内にある受容体に結びつくことでドーパミンを分泌し、そのために依存から抜け出せなくなるからです。
タバコを吸っていないとイライラや不安感、焦燥などのニコチン切れの症状が現れ、こうなってしまうと禁煙しようと思っても意思の力だけでは難しいです。
それを科学的に緩和し抑えるのがチャンピックスの効能です。

まず、主成分であるバレニクリンがニコチンの代わりに受容体と結合します。
そのとき、ニコチンと同じようにドーパミンを放出することで、タバコを吸わなくても満足感を得られるようになるのです。
しかも、バレニクリンがニコチンより先に結合しているため、タバコを吸ってもドーパミンが分泌されません。
つまりは満足感も得られなくなりますから、タバコがただの煙臭いものに感じられるようになります。
これが「タバコが嫌いになる薬」と言われる理由です。
これなら今まで禁煙に失敗した方でも禁煙に希望が持てたと思いますが、副作用も確認されているので注意が必要です。
吐き気や頭痛、便秘などの症状が出る場合があり、中には治療を断念する方もいます。
しかし、すべての方に表れるわけではありません。
また、ほとんどの場合服用をやめれば症状は治まります。
一度断念しても、間を置いて再び挑戦して成功した方もいますので、禁煙をお考えの方はまずチャンピックスを調べてみてはいかがでしょうか。

チャンピックス利用者の声

チャンピックス利用者の声 女性ですが喫煙者でしたが、今は禁煙に成功しています。
女性の喫煙者というのは、男性以上にあまりよくみられません。
なのでかなり肩身の狭い思いをしていたので、思い切って健康のためにも禁煙してみようかな、と思ったことがきっかけで、チャンピックスの通販を利用するようになりました。
チャンピックスなら禁煙外来でも利用されていますし、海外医薬品の通販サイトで購入することもできます。
とても身近な禁煙治療薬、でも効果抜群で、利用した人の多くが禁煙に成功しているようですから、自分もやればできるのではないか、という強い思いで挑戦できました。

最初7日間は喫煙が可能だということで、いつものように吸いながらもしっかりと服用方法を守っていきました。
8日目以降は禁煙を開始しましたが、度々すいたい気持ちも芽生えてきましたが、ぐっと我慢です。
チャンピックスを利用するとすぐに吸いたくなくなる、と思っている人も多いかもしれませんが、そうではありません。
最初の方は吸いたい気持ちも芽生えてきます。
自分には効かなかったのかも、と思わずに服用を続けることが大切です。
私もたまに吸いたくなっても我慢して、禁煙を続けていきました。
チャンピックスの場合は吸いたいという気持ちになっても、他の治療方法よりも程度は軽いと思います。
チャンピックスと通販を利用して5週目には、そういった気持ちもなくなり、前向きに頑張ることができましたから、順調に禁煙生活が進んでいきました。