チャンピックスの禁煙対策ラボ | ニコチンを含まない禁煙補助薬

タバコをやめることで得られるメリットは金銭的な面だけでなく健康の面でも大きく影響します。

経済的な負担

経済的な負担 禁煙のメリットには、経済的な負担を軽減させる効果があります。
その理由には大きく2つ挙げられます。

まずはタバコの購入費の抑制です。
現在、メジャーのタバコの銘柄では500円弱となっています。
しかし、消費税やタバコ税の2つの増税の可能性が高いとされており、500円を越すことは間違いないと言われています。
一日1箱消費するとして月に15000円ほどの出費となります。
一般のサラリーマンのお小遣いで考えると決して小さな金額ではありません。

そして、タバコには肺ガンや呼吸器系疾患のリスクが伴います。
喫煙年数が長ければ長いほどそのリスクが高まるのです。
もしも、その病気を発症すると治療費や入院費がかかりますし、治療中は仕事を休む必要性も考えられます。
収入が減る一方で、出費が嵩むのです。
そのリスクを緩和させるためには医療保険に加入しておくことがベストです。
しかし、その医療保険で月々支払う保険料は喫煙者では割り増しとなっているところも少なくありません。
保険料の支払いもまた経済的な負担となるわけです。

このように、喫煙はタバコの購入費と健康に関するリスクから経済的な負担を強いることになります。
そのため、喫煙し続けることで生じる経済的な負担を軽減できると考えれば、禁煙外来や禁煙アイテムなどでかかる出費は投資の一つと見ることができます。
このように、ただ単に「タバコを止める」と考えるのではなく、投資と思えば精神的な負担もかるくなるはずです。

体の変化

体の変化 禁煙をすることで健康面においても様々なところが改善されるようになります。
たとえば、鼻が良くなることで匂いに対して敏感になります。
鼻がよくなると普段外を歩いて感じなかった自然や花の匂いに敏感になり、気持ちが解放されるでしょう。
また息切れが少なくなったという報告もあるように、体が軽やかになり、寝起きのだるさも少なくなります。

また一番にタバコを辞めて変化があったとよく聞くのが、味覚が変化したということです。
今までは感じれなかった奥深い味を食事で堪能できるようになり、今まで以上に食事に対する喜びも増すことでしょう。その楽しみがために余計に食事をたくさんとるようになり体重が増えた。という声も聞こえてきますが、健康太りは喫煙中に比べると不健康ではありません。
そして不思議なことに生活習慣も改善したという声もよく聞きます。
たばこを辞めて太るという無駄な心配をするよりも、今体に悪い煙を吸っているいることにもっと注目するべきかもしれません。